ことばコンテナー

「ことばにすること」を武器にすること

虚栄心と戦う方法。


こんにちは。

ことば、を書いているときが一番安心します。リラックスできます。

昔から感情の起伏が激しくて、「なんでも楽しいいい!人生サイコー!」ってときもあれば、「もう無理。自分ほんとにクズ。どうしようもない。」なんて自分を攻め立て続けるときもあります。非常に面倒くさい。
きっとその根底にあるのは「虚栄心」なのでは、と気付きました。

 

虚栄心とは、簡単にいうと「みえを張りたがる心」のことです。自分を自分より多く見積もり、過大評価してしまいがちな心のことです。

本当にめんどくさいやつです。
もう自分でも飽き飽きするくらい面倒くさくて、また、そんな自分を責め立てます。
悪循環ですね。

そんな虚栄心の塊な私ですが、それでも、常に何とかしてこの心を消し去ろうと試行錯誤を繰り返し、戦ってきました。唯一気づいていたことは、虚栄心の強い人は、心が強くない人である、ということです。

今回は、そんな虚栄心について、自分なりに分析していこうと思います。

虚栄心の強い人間の特徴

虚栄心の強い人間の最大の特徴は、「自分のことを、常に他人と比べたがっている」ところだと思います。
そもそも人間というもののとらえ方が間違っているんです。(これ変な話まじめな人に多いと思うんですが、)人間を「価値」とか「スペック」とかで判断するんです。もっというと、本質を見ていない。というか、そもそも人に評価をつけないと、その人を認識することすらできない。
そうして人と自分を比べます。で、まあ仮にですよ。「自分が相手よりも上回っている」と自分が判断したとしましょう。(おこがましいこと限りないですが、やったことある人少なくないと思います。)
もう自分に対する安心感でいっぱいです。その相手にどう接するかはその人次第です。が、ある人はその人のことを身下し、バカにするでしょう。またある人は、その人のことを優しく、まるで自分の大切な後輩のように接するでしょう。まあどちらにしろ「相手のことを下に見ている」ことに変わりはありません。どっちもヤなやつです。

この場合のときはヤなやつにしろ、まだ自分のモチベーションが高いからまだしも、もっとひどいのは、「自分が相手よりも格下だ」と判断したときです。
意地っ張りで見栄っ張りな自分は、相手のことを良く思えません。自分を見下す「敵」だと判断してしまいます。そして、自分のことは「あんなやつより格下な自分」だなんんて責めたてます。もうどうしようもないやつですね。自分のことも、相手のことも貶めてしまいます。救いようがないです。

他人と自分をくらべることそのものが間違っているというのに、それを理解できないんです。
小学校で習う詩人金子みすゞさんだっていってました、「みんな違ってみんないい」って。

自分を大きく見せたい、と願う虚栄心は、上手く使えば自分自身を成長させてくれるモチベーションの一つになりますが、
暴走すると他人も自分も傷つけるだけの道具にしかなりえません。

では、そんな虚栄心を取り除くためにはどうしたらいいのでしょうか。
私も正確な答えを見つけ出したわけではありません。ですが、ここ最近考えてきたことを、メモ代わりに残しておこうと思います。

虚栄心と戦うには


虚栄心は、なくならないものだと思います。
出家でもするなら話は別ですが、大抵の人にはあるし、なくならないし、また、なくす必要もないんじゃないかなと思います。
虚栄心をなくそうとするのではなく、虚栄心と上手く付き合っていこうと思うべきなんです。題名には虚栄心と戦う方法、なんてインパクト重視で書いちゃいましたが、正確には、虚栄心をコントロールする方法を考えるべきなんですね。
私が考えた方法は、以下の通りです。

1.まずは、自分に虚栄心があることを自覚する。
これ一番大事なんじゃないですかね。一個目だけど。気付かない限りはなんにもできない。自分を分析するんです。で、気付くんです。自分に虚栄心があるってことに。

2.自分が弱い人間だと認める。
虚栄心が強い人は、自分を見誤ってるんです。自分、思ったより優秀でもないし、面白くもないし、すごくもないし、特別でもない。
そうなんです。特別じゃないんです。自分は、地球という星の一つの国に生まれてきた「普通」の人間なんです。他の人は、自分と同じなんです。獰猛なライオンの前に素っ裸で置かれたら一瞬で食い尽くされてしまう弱い人間なんです。そこを認めちゃってください。

3.それでいいや、と思う。
えーって思わないでください。
「それでいいや」「そういうもんだ」って思うんです。
自分という人間を認めてみてください。あなたはあなたなんです。
他の人と比べて自分をどうこうとか、意味ないんです。そう気づくことが、虚栄心の沼から抜け出す一歩なんじゃないかなと思います。

ここで、勘違いしてほしくないのが「自分自身と人を比較すること」と「自分と相手のある能力を比較すること」は違うことだということです。

絵を描くのに、上手い下手はあるでしょう。絵の上手なあなたより上手に絵を書く人は、沢山いるでしょう。
文章を書くのに、上手い下手はあるでしょう。文章の上手なあなたより上手に文を書く人は、沢山いるでしょう。
走るのに、遅い早いはあるでしょう。足の速いあなたより速く走る人は、沢山いるでしょう。
勉強の成績に良い悪いはあるでしょう。成績のよいあなたよりよい点数を取る人は、沢山いるでしょう。

人間という存在そのものに優劣はありませんが、能力に違いはあります。
勘違いしてはいけないのは、能力の差=人間の個体の差には、ならないということです。ここを勘違いしている人が、多すぎます。
これを勘違いすると、小学校のかけっこをみんなで仲良く手をつないでゴールになるんじゃないかなって思ってます。
別に足の速い遅いが生死にかかわるわけじゃないでしょう。私たちはシマウマじゃありませんし。足の速さと、その小学生一人一人の価値に関係はないのです。

伸ばしたい能力があるなら、伸ばせばいい。負けたことを悔しがるのも大いに結構。
けれど、もしある人よりある能力が劣っていても、それはあなた自身への否定にはなりません。あなたの持つ能力と、ある人の能力に差があった。それだけなのです。

認めてください。あなたという人間を。
それでいいんです。間違ってない。あなたは決して、ダメな人間じゃない。
自分を大きく見せる必要がない、ということに気が付けば、自然と虚栄心はコントロールできるようになるはずです。


うまく文章がまとまりませんでしたが、今回はここまでにしておきます。
もっと上手に、そして新しい考えが浮かんだら書き直すかもしれませんが、そのときはまたそのとき。もしこれを読んでくださった方で、アイディアがありましたら是非教えてください。

最後に、この文章を書きながら聞き続けた曲を紹介して終わります。
まさに、虚栄心と戦い、コントロールしようと試行錯誤する曲です。

Mr.Children - Starting Over

https://g.co/kgs/8UD5Qv

「ことばコンテナー」を訪れてくださって、ありがとうございます。
なんてエラソウに書いてきた私は、いまだにステップ2がクリアできずにいます。

運動神経はないけれど、外で遊ぶのは好きだった。

・「隠れん坊の心理」という文を読みました。

  隠れん坊、 おにごっことかは、

  社会のコスモロジー(世界観)に繋がっているらしい。

  まあ、少し大げさだとは思ったのだけれど、

  ふと、いつからそういうことやってないのかなって思いました。

 

  小学生の頃、学校が終わって、ランドセル投げ出して

  公園に駆け出していたのを思い出す。

  中学生の頃はもう、LTのときに企画してやる程度だったけか。

  でも、中学生の頃はまだしも、小学生の頃のアレ、

  全員やってたんじゃないんだよな。

  学校の休憩時間とかならまだしも、

  業後公園で遊んでたのって、

  そんなに多い人数でなかったような気がする。

  

  あのとき その辺で転がっていた缶でやる

  缶けりの缶にちょっと残った(腐った)

  残りの飲み物が入ってたときの

  蹴とばした瞬間の絶望。

  木の下にいたら鳥のフンが落ちてきて

  履いていたGパンに直撃。

  泣きながら帰ったこと。

  小学生には高すぎる鉄棒に無理してしがみついて、

  下にあった鉄棒に落下。

  となりの駄菓子屋のおばちゃんに

  服まで貸してもらって助けてもらった記憶。

  

  コンクリで思いっきり転んだ膝の痛み。

  隠れん坊で鬼になったときの

  誰も味方でないと感じる孤独。

 

  ああいうのってなぜか忘れられないんだよな。

  (なぜかいい思い出が出てこない)

 

  あのときに感じたさみしさ、とか

  社会に対する恐怖とかが

  ふしぎと今も残っている。

 

  知ればなくなる怖さだったのだけれど

  だからこそ、今では味わえない貴重な恐怖だ。

 

「ことばコンテナー」を訪れてくださって、ありがとうございます。

こんどあのときお世話になった、駄菓子屋に行ってみよう。

  

ことばコンテナー

 

 

  ことばコンテナー

 

 

 

  ことばって不思議なもので

  難しいもので 複雑なもので

  でもなによりも みぢかなもので

  とくに誰か他のひとのことばを受け入れようとするときに

  ことばの気難しさが 爆発します

 

  あるひとが あることばに ひどく感動したとして

  そのことばは多くの場合 誤解を恐れずに言うと

  ありきたりなものであることが多いと思う

  別のときには 何の効力も持たないのに

  他のひとには 何の効力もないのに

  ある別のときには ひとには

  かけがえのない 力になったりする

 

  もちろんそういうことばには

 

  ことばって 血液みたいなものなのかなとも思ったりする

  自分についた傷で 文字を書くことが出来たとしたら

  文字はもしかしたら体の内側にある「血液」で出来ているのかもしれない。


         ことばコンテナーは

          時にあなたの遊び道具に

          時にあなたの生きる道具に


           そうなることを願って、こうして今日もことばを紡ぎます。


         ことばコンテナーを訪れて下さって、ありがとうございます。

         あなたの力に、生きる導にことばが一端を担います。